HOME  サイトマップ 個人情報保護法について









 明治12(1879)年8月15日、本校の創立者である望月軍四郎氏が、現在の富士宮市にあたる大宮地区に誕生します。当時の日本では、明治十年の西南戦争、翌十一年の紀尾井町における大久保利通暗殺を経て、各地で国会開設運動が高まるなど、明治維新の混乱がまだまだ尾を引いていました。

 その一方で、明治十一年に東京株式取引所が設立され、翌十二年に教育令が制定されるなど、産業と行政の両面において、着実に近代化が維し進められていた時代でもありました。

 岳南地域においては、明治五年の学制発布にともない、軍四郎氏も通った岳賛詞が同七年に開校、翌八年に清水次郎長が富士山麓の大潟村で開墾を始めていました。また、明治十三年には神田川畔に製紙工場が設立されています。これは、和紙の原料となる三椏と良質の水が豊富だったことが大きく影響していますが、岳南地域における工業化のさきがけだったといえます。軍四郎氏も晩年、三椏工業という会社を地元に設立しています。 

 軍四郎氏は明治26年、14歳で東京へ奉公に出て、株式仲買の仕事を手伝い始めます。そこで自らの才を発揮し、のちに独立。大きな成功を収めることになるのですが、常に胸に抱いていたのは、自分を育ててくれた父母や郷土への感謝の思い。その思いが、大宮商工学校設立という形となって表れます。 




明治12年   8月15日、富士郡大宮町に生まれる。
岳麓洞(現大宮小学校)・明堂塾に学ぶ
明治26年   村上太三郎店に入る(住込奉公)
明治39年 8月、結婚(村上家養女 幸子氏)
明治43年 7月、サシ丸 望月商店設立・独立(築地小田原町)  
大正7年 東京府より、北米経済の実業調査を委嘱される
大正10年 帝国銀行を再建するなど経済界において活躍
教育界にも貢献、早大校賓となり勲三等瑞宝章を受章。
富士中(現富士高校)に寄付
昭和2年 ローマ法王庁より勲二等シルベストル勲章・紺受褒章を受章
昭和4年 日清生命社長就任。
京浜湘南電鉄をはじめ、精糖・炭鉱等の取締役歴任
昭和12年 大宮商工学校(現富士宮北高)創立。
村上記念育英財団設立(旧主に報いるため)
昭和14年 日中友好のため、技術者と医師養成を目的に各界と相談をはかる。
法政大学理事就任
三椏工業設立(郷土振興のため)
10月、南米親善使節として訪問
11月、大宮商工学校開校式に出席
昭和15年 1月30日、座礁病院に入院
2月1日、各界に惜しまれて死去