HOME







北嶺会 会長 渡邊 一敏

みんなで困難に立ち向かおう!

渡邊会長  新型コロナウィルスの感染が日に日に拡大していますが、北嶺会の会員の皆様はいかがお過ごしでしょうか?感染の影響で社会生活が大きく変わってきています。少しでも早く事態が収束することを願うばかりです。

 2月28日に北嶺会入会式を行い、今年は243名の新会員が誕生しました。「夢はかなえよう」というテーマで五十五年卒業の石川俊洋さん( 石川住設 代表取締役・富士宮プロレス代表)に新会員に対して講演をしていただきました。真剣に聞いていたみなさんがこれから大きく羽ばたいていくことを楽しみにしていきたいと思います。

 翌日の3月1日には卒業式が行なわれましたが、新型コロナウィルスの影響で、卒業生そしてその保護者、学校関係者、数人の来賓者が出席という異例の卒業式となりました。制約された卒業式でしたが、卒業生にとって忘れられない記憶に残る卒業式になったのではないでしょうか。

 4月7日には205名の新入生を迎え入学式が行なわれました。3月30日に富士宮市で初めて新型コロナウィルスの感染者が確認されたことにより、入学式が出来るかどうか心配されましたが無事行なうことが出来、ほっとしています。

 さて、新型コロナウィルス感染拡大の影響を考慮し、今年の総会および懇親会を中止とさせていただきますが、役員による書面決議という形で承認を得たいと考えています。

 社会の情勢を鑑み、ご理解をいただければ幸いです。望月軍四郎翁の墓参に関しても落ち着いてからお参りさせていただきます。改めて会員みなさんのご健康を祈念しております。